やすだ歯科医院

〒614-8367
京都府八幡市男山長沢18-18

 診療時間 
月・火・木・金曜
8:30~11:30 / 14:30~19:00
水曜
8:30~11:30 / 13:30~16:00
土曜
8:30~11:30

 休診日 
土曜午後、日曜、祝祭日

075-983-2800
お気軽にお問合せください
当院が掲載されています

初めての方へ

インプラント治療計画に関して

当院では、インプラントの治療計画と、オペ後のメインテナンスを大切にしております。

治療計画の段階で、下記のようにチェックを行います。

 健康状態やインプラントを植え込むだけの顎の骨があるか?
 お口の中の状態は、インプラントが出来る状態か?

※むし歯や歯周病など問題があればインプラント手術の前に治療を行います。

これらは、インプラント手術を安全に行なうチェックになります。
ただ、インプラント治療が難しい場合もあります。

他の治療法との違い

インプラント

インプラント
審美性
噛む力
口内衛生 優れる(手入れ要)
耐久性 優れる(手入れ要)
健康な歯を削る なし
違和感 なし
顎骨がやせる なし
手術 有り (抜歯程度)
診療形態 自由診療となります。
治療期間 通常6~24週間程度

入れ歯

入れ歯
審美性
噛む力
口内衛生 不衛生になりやすい。
耐久性 合わなくなる事が多い。
健康な歯を削る なし
違和感 有り
顎骨がやせる やせる
手術 なし
診療形態 保険診療
見映えの良いものは、自由診療となります。
治療期間 2週間~2ヵ月

ブリッジ

ブリッジ
審美性
噛む力
口内衛生 不衛生になりやすい。
耐久性 両隣の歯に負担
健康な歯を削る 両隣の歯に負担
違和感 やせる
顎骨がやせる やせる事がある。
手術 なし
診療形態 保険診療
見映えの良いものは、自由診療となります。
治療期間 2~3週間

メンテナンスの重要性

メンテナンスの重要性

インプラントは、人工といっても天然の歯と同様のメンテナンスが必要となります。
より長持ちさせるために、しっかりとブラッシング指導を受けて、日々磨くことが大切です。
また、プロである歯科医師 の検診を定期的(年に3回程度以上)受けることをお勧めします。

アフターケアとインプラントの寿命 

 インプラントでのかみ合わせに問題がないか、負荷がかかってないかがポイントの一つです。
 インプラントはメンテナンスが良好であれば、10年から20年は95%以上の確率で維持できるものです。
 日ごろのブラッシングや定期検診、メンテナンスの心がけで、インプラントの寿命が変わります。

定期検診の重要性

インプラント治療が終わったからといって、そのままでインプラントが一生機能するわけではありません。
インプラントを長持ちさせるには様々な努力が必要になります。例えば、インプラント周囲組織の炎症を防ぐこと、歯石・歯垢などの汚れが付着してないか、上部構造(かぶせもの)の状態は問題ないか、などが重要になります。そのためには、日頃から、家庭内でしっかりとブラッシングをするとともに、定期的にプロに相談し、検診を受けるようにしましょう。

ケース別治療法

1本の歯を失った場合

1本の歯を失った場合

最も一般的なインプラント方法で、失った部分に1本だけ埋入します。
ブリッジのように両サイドの歯を削らずに済む点がメリットといえます。
また、噛む際に歯ぐきにいい刺激が加わるので、顎の健康を保てます。

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、部分入れ歯を用いるのが通常でした。しかし取り外し式の部分入れ歯は、残りの歯と、歯のない歯ぐきで支えらければならず、負担がありました。
インプラント治療の場合、インプラントを支えとした固定式ブリッジなので、安定します。

全ての歯を失った場合 

全ての歯を失った場合

入れ歯は、通常、歯のない歯ぐきで支えざるを得ませんでした。しかしインプラント治療の場合は、インプラントのヘッド部をバータイプの連結させたうえで、入れ歯を固定する事ができる為、食事や会話時に入れ歯がずれてしまうようなことがありません。最近はインプラントとマグネット(磁石)を組み合わせた方法が注目されています。

お問合わせフォーム