やすだ歯科医院

〒614-8367
京都府八幡市男山長沢18-18

 診療時間 
月・火・木・金曜
8:30~11:30 / 14:30~19:00
水曜
8:30~11:30 / 13:30~16:00
土曜
8:30~11:30

 休診日 
土曜午後、日曜、祝祭日

075-983-2800
お気軽にお問合せください
当院が掲載されています

アンチエイジング

いつまでも若々しく、健康に

唾液腺マッサージ

唾液腺マッサージ

私たちの顔には、耳の下とあごの下、そして舌の下に唾液を分泌する、3つの大きな唾液腺があります。
これらをマッサージすることで、唾液の機能を回復・向上させます。ツボを押すような感じで、痛くはありません。マッサージを続けることで、ドライマウスなどの症状が緩和し、また出てきた唾液を飲み込むことで嚥下の訓練にもなります。

歯肉マッサージ

歯周病などで血行の悪くなっている方におすすめする方法です。
血行が悪くなって歯肉に栄養が行き渡らなくなると歯肉が弱くなり、さらに歯周病が進行するという悪循環に陥るためです。
マッサージで血行をよくすると栄養が行き渡り、細菌に対する抵抗力が高まります。
また緊張がほぐれてリラックスする効果もあります。

リップトレーニング・健口体操

トレーニングを行い、口唇の筋力を鍛える方法です。
お口の力が弱くなると、普段しっかり閉じていられなくなり、口呼吸をすることが多くなってきます。
すると、空気中の有害物質やウイルスが鼻というフィルターを通さず、直に体内に入ってしまいます。鼻には加湿機能もありますので、口で呼吸をすると乾燥した空気が入って唾液が渇き、歯周病や口臭の原因となります。
また喉が荒れるということもあります。

結果として、アトピーや糖尿病、高血圧、睡眠障害など、一見お口とは関係のないさまざまな病気をも引き起こしてしまうといわれています。

お年を召した方の場合、お口の筋力低下によって食べ物を気管に飲み込んでしまう「誤嚥」も起こりやすくなります。
食事のときにむせるようであれば要注意です。誤嚥は肺炎を引き起こし、しかもお年寄りの死因の1位を占めるのは肺炎ですから、油断はできません。
誤嚥を防ぐトレーニングとしては、口の筋力を鍛える「健口体操」などがあります。

プロバイオティクスで全身の環境を整えませんか

 毎日、ちゃんと歯を磨いているが虫歯になる。
 歯周病が再発しやすい。
 すぐに風邪を引く。
 花粉症がひどい。
 薬を飲んでもすぐ便秘・下痢になってしまう。
 アトピーがひどい。

これらは「菌質」が原因かもしれません。体の中に住んでいる細菌のバランスによって、アレルギー疾患や胃腸疾患の発症リスクが上がると考えられています。
改善するには、お口の中の細菌層を変え、口内・肌・消化器の環境を整える必要があります。
歯科疾患としては、菌バランスの乱れによって、以下の症状が出てきやすくなります。

 虫歯
 口臭
 歯肉炎
 歯槽膿漏

これらを改善するのがいわゆる「プロバイオティクス(善玉菌)」です。
もっとも有名な善玉菌は、整腸作用などのあるビフィズス菌でしょう。他にもさまざまな機能をもったプロバイオティクスがあります。

たとえばお口の中が臭い、といった症状も悪玉菌がニオイのもとをつくり出している可能性があります。本来、それは唾液の中に少量含まれている乳酸菌の一種が悪玉菌をやっつけます。しかしそれができていないということは、唾液を出す機能が低下していたり、抑えきれないほど悪玉菌が増殖しているといった事態が考えられます。

そこでその乳酸菌を含んだ錠剤を服用することで、悪玉菌の退治をサポートします。
サプリメントを服用することで、体内にプロバイオティクスを育て、免疫力や抵抗力を高めませんか。
体の内部から「強く」「美しく」、日々の生活でトラブルを防いでいきましょう。

お問合わせフォーム