やすだ歯科医院

〒614-8367
京都府八幡市男山長沢18-18

 診療時間 
月・火・木・金曜
8:30~11:30 / 14:30~19:00
水曜
8:30~11:30 / 13:30~16:00
土曜
8:30~11:30

 休診日 
土曜午後、日曜、祝祭日

075-983-2800
お気軽にお問合せください
当院が掲載されています

口腔外科・親知らずの抜歯

口腔外科について

口腔外科について

腔外科とは、歯科で治療する病気は、虫歯歯槽膿漏(しそうのうろう)に大別されますが、これら以外にも口の中や顎には様々な病気が起こります。
例えば、

 親知らずが腫れる
 アゴが痛くて開かない
 口内炎が治らない

※当院では、口内炎を治療するのにレーザーを治療します。

主な口腔外科疾患

親知らず

口腔インプラント

以前は、歯を失うと入れ歯かブリッジしか方法はありませんでしたが、失った自分の歯と同じように使える何か良い方法はないか─ということで考え出されたのがインプラント(人工歯根)治療です。
インプラントは、歯の抜けた部分の骨にチタン製のネジを埋め込み、これを土台として失くした歯と同程度の大きさの人工歯を作る治療法です。
取り外しの入れ歯が嫌いな人やブリッジの治療をするのに隣の歯を削られたくない人は、インプラント治療が適しているでしょう。

顎関節症

顎の関節の周りで何らかが原因で痛みや口が開かないなどの機能低下ががくか起きる症状のことです。顎関節症は、そんなに珍しい症状ではありませんので、まずはお気軽にご相談下さい。

顎の骨折

事故などにより発生することが多く見られます。骨折部位により症状も様々ですが骨折部位を中心にずれることがあり、咬み合わせを重視した機能回復が重要となります。

親知らずの抜歯

親知らずとは?

親知らずとは、20歳前後で生えてくる歯の為、平均寿命が40歳前後だった昔の人たちは、自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまってこの歯を見ることが出来ない、というのが親知らずの名前の由来だと言われています。
親知らずは、生えてくる場合と生えてこない場合(又は最初から無い場合)があるのですが、この歯は場合によっては抜歯してしまった方が良いことがあります。

親知らずが起こす問題点

親知らずが正常に萌えてきたらほかの歯と同様に大切にして下さい。
異常に萌えた親知らずを放置すると、下記のようないろいろな障害を引き起こします。

  1. 歯ブラシが届きづらく、むし歯や口臭の原因になりやすい。
  2. 食べ物のカスなどがたまりやすく、むし歯になりやすい。
  3. 隣の歯を押したりして歯並びを乱したり、かみ合わせが悪くなる可能性がある。
  4. 親知らずが原因で、周りの歯肉が炎症を起こすことがある。

親知らずを抜歯する理由

親知らずは、もともと生えてくるスペースが小さいにも関わらず生えてきます。そうすると、すぐ横の歯(健康なご自分の歯)を無理に押して出てくることがあります。

その親知らずが・・・

健全な歯並びを悪くし、かみ合わせを悪くします。

また、親知らずが、斜めや真横に傾いて生えている場合は、かなり強い力で横の歯を押してきます。

そのことによって・・・

ドミノ倒しのように健全な歯並びを乱し、少しの咬む力で前歯が折れてしまうことがあります。

「前歯が前に飛び出してきたので前歯を引っ込めて欲しい」といった患者さんのその原因となるものが、「親知らずを放置しておいたことによる歯並びの悪さ」というケースが少なくありません。

また・・・

親知らずは非常に磨きにくくどうしても磨き残しができてしまい、「虫歯になりやすい」場所であります。

親知らずだけが、虫歯になってくれるのならいいのですが、虫歯菌は親知らずの隣の健康な歯まで虫歯菌をうつしてくれるからやっかいなのです。

抜歯後の注意点

1. 抜歯当日は、血液の流れが良くなるような次の事柄は控えて下さい。痛みが増す可能性があります。

  1. 熱いお風呂に長時間つからないようにすること
  2. マッサージを控えること
  3. 激しい運動は控えること
  4. サウナに入らないようにすること
  5. 飲酒を控えること

2. 麻酔が効いたままだと、唇や頬をかんでしまう恐れがありますので、食事は麻酔が切れてから行って下さい。

3. 抜歯当日は、強くうがいをすると止血の妨げになりますので、極力うがいはしないで下さい。なお、翌日からはよくうがいをして、患部を清潔にしていただければ問題ないです。

4. 翌日まで唾液に血が混ざっていたりしますが、特に心配はいりません。

5. 抜歯後はガーゼをしっかり咬んでいただきます。15~20分でほぼ止血します。わずかに唾液の中に血が混じったり多少血の味がしたりしますが、気にして何度もうがいをしたり、つばを吐いたりすると、かさぶたが取れてしまい再出血の原因となります。気になるかとは思いますが、うがいはしないようにして下さい。

6. 麻酔が切れると痛みが出る可能性があります。麻酔が切れる少し前くらいに痛み止めを飲まれると効果的です。もしくは、できるだけ患部を冷やして、暖めないようにして下さい。

7. 親知らずを抜いた場合、頬が腫れたり、お口が開きにくかったり、飲み込むときにのどが痛かったりします。長引くときは、連絡して下さい。

お問合わせフォーム